04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パピーの病気

少し前の週末、夫の実家に行っていました。


時々、こうして週末に2泊3日くらいでお邪魔するのですが、

今回は病気で入院したパピーの見舞いも兼ねての滞在でした。



病院のロビー、週末で午後一番だったせいか、人が少なかった。
2012-10-13 14.43.42




パピーの病気は少し前から発症しました。


病名はアルツハイマー病


そうは聞いてても、当初は会えば普通に話すし、
孫の嫁という遠い存在の私の事でも覚えていていました。


物忘れと言っても、食事中に今まで飲んでいたワインのグラスが自分のものか、
それとも向かいに座ってる人のものなのか、分からなくなるくらいで、

普通の酔っ払いでも間違えそうな程度のものでした。




ところが、この夏前頃から病状が悪化し、

一度一人で出かけたまま帰宅できないことがありました。


趣味で自分の農園を持っていて、
毎日出かけてはお野菜やお花、
そして鶏のお世話をしていたのに

とうとう、それも一人では出来なくなり
マミーが毎日農園に付き添うわけにも行かず


あんなに大好きだった農園も売り払って手放すことに。。。




パピーの症状は、調子の良い時は何でも覚えていて

悪い時に、人の名前や自分の住所や電話番号、置かれた状況・・・など

いろんな事が分からなくなっていました。



もう一人では一歩も外に出かけられないパピー

もうすぐ80歳という高齢のマミーは少しでも一緒に居たいと、

いつも一緒にいて、自分の事を思い出してもらえない事があっても

理不尽な事を言われても、されても、

なんとかパピーの「病院には行かずに家にいたい」という希望を尊重して

それはそれは一生懸命、お世話していました。


80歳って、一人で生きていくのだけでも大変なのに・・・。




病院のロビーにあったカフェテリア兼キオスク
2012-10-13 14.42.57


でも、もう限界の時がやってきたようです。


秋になり、パピーは何度も外に出ようとしたり、

うろうろする事が一掃多くなりました。


この病気に良いとお医者様からのアドバイスで

マミーはパピーと一緒に簡単なカードやサイコロを使用したゲームを試みたり、

一緒に読書に試みたり、好きな車の写真を見たり・・・

と色々やっていました。



でも、限界は限界。



とうとう身内ではどうしようもなくなり、パピーが病院へ行く日がやって来ました。




きっかけは、些細な事でした。


いつものように用事もないのに何度も外に出たがるパピー


それを制止して、パピーの注意を他に移そうとなだめるマミー


でも今回はタイミング悪く、パピーがマミーの事が分からなくなり、

自分をただ制止する他人、邪魔する他人と思って怒り出したというわけです。








病院のキオスクのショーウィンドー。
子供の患者へのお見舞い向け商品でしょうか。
2012-10-13 14.43.14





それからパピーは一週間病院に入院しています。


私達がお見舞いに行く前に、両親とマミーと一緒にランチをしました。


いつも、優しい目をしていて、堂々由由としているマミーですが、

今回はかける声もないほど、両手で自分を抱くような、怯えたような、
そして疲れきったような表情をしていて、

食事中も何度も放心状態のようになっていました。


パピーが入院してから、毎日お見舞いに行っているものの、

やっぱり悲しくて、心配で、ショックで、不安で、


夜は眠れず、食事も咽喉を通らないそうです。





パピーのお見舞いには、まず私と夫が一足先に行きました。


久しぶりに会ったパピーは別人かと思われるほど、年老いて見えました。


顔の皺、多分年齢の皺じゃなくて表情を作る皺が

今までと違うところに、たくさんたくさん出来ていて、

私達の知っているパピーのあの顔ではありませんでした。



私達が彼に会いに来たなんだと知ると、

「会いにきてくれてありがとう。待ってたよ。嬉しいよ。」

と言って、涙を流して泣きながらハグしてくれました。



お見舞いの間、終始穏やかなパピーでしたが、

話題が飛んでは、戦争の話や子供の頃に見た出来事の話など

大昔の話ばかりを語っていました。


これもこの病気の典型的な症状なんだそうです。





病院のキオスクでチョコレートもたくさん売られていました。
さすがフランス!日本でいうお見舞いの羊羹のような感覚でしょうか!?
2012-10-13 14.43.25


夫はこの時、はじめてパピーの涙を見たといい、

パピーの変わりようを思い出して涙を流していました。


こんなショッキングなお見舞いでしたが、

私はパピーの様子が見れて実は少し安心しました。



逆に、今、皆が心配しているのはマミーです。


今まで、パピーのお世話で気が張っていたのが


悲しい事件とともに、ピンと張っていた糸が切れたようになってしまい


精気が感じられなくなってしまったマミー。


なんとか、このショックから抜け出してほしいのですが、


このまま一人にしておくと、うつ病になってしまわないか、本気で心配です。


それでも、誰か(娘達)の家に住んだり、施設に入ったりするのは拒否し、

あくまでもパピーと一緒に暮らした家でパピーの帰りを待ちたいと願うマミー。


彼女も本当はもうパピーが良くなることはない事は分かっているのですが、

気持ちがまだ受け入れられないんだと思います。



アルツハイマー病って、今まで聞いたことはあっても

実際に患者に会ったことがありませんでした。



しかし、今回、身内にこんな事が起きてみて

この病気の残酷さが身にしみて感じられました。




人生何があるか分からないから、

やっぱり元気に生きてるうちに

好きな事をして

好きな人達に会って

好きな場所に行って

とにかく悔いのないように楽しんでおくべきですね!



それに人生一回限りだと思うと、

小さな事で悩んだり、怒ったり、

または争ったりするのは

時間の無駄だな~とつくづく思わされます。


スポンサーサイト

No title

アルツハイマー病に代表される認知症は特別な病気では無く、誰もが罹る可能性がありますが、まだまだ日本でも理解が広まってないと思います。
症状は様々ですし、進行によって色々と変化されるので、介護する側も大変ですね。
家族の方のフォローも考えないと共倒れになる危険もあります。
そちらの福祉事情は分かりませんが、相談先があれば家族だけでなく遠慮なく活用されて下さい。
先の長い病気ですし、予想外の事もあるかと思いますが、誰もが通る道です。皆様のご健康をお祈り申し上げます。

hajimeさん

hajimeさん、親身で且つ温かいコメントありがとうございます!
そうですね、今回初めて実際にこういう家庭を身近で見て、
介護する側も自分ができる限度を知らないと、本当にまずいな、と実感しました。
きっと日本中に、フランス中に、世界中にこういった家庭がたくさんあるんでしょうね。

あと、フランスは日本よりももっと核家族(の割合)が多いので、
一人暮らしの老人の方もたくさんいます。
それで、一人アパートの中で亡くなり、時々会いに来る子供家族がある日見つける、というのも結構あるようです。
うちのマミーにはそういう孤独な思いはして欲しくないので、施設に入ってもらったほうがこちらは安心なのですが、本人の希望も良くわかるし、難しいところですね。
Secret

merci pour votre visite!

ブロとも一覧


こころが疲れてしまった私(現在は復活)

あきまるのブログ

我が家の猫物語 ブチ切れしっぽのチビ太とシャムもどきのseikoの日々

nory's fun baking

きなり食堂

こちら「ル・ノール洋菓子店」です☆

趣味で始めたリフレクソロジー

みとまどかと申します。 ~シングルよりシングル気分~

ないと うぉーかー

株式会社 コンヴァノConvano/ネイルサロンマジークMagique ネイルブログ

nenne☆のめざせオーストラリア

毎日がパリ Tous les jours à Paris

宮古島に移住した介護士のブログ「ゆうむつ青板」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

プロフィール

カサブランカ

Author:カサブランカ
一度きりの人生、遠慮なく楽しむようにしています!!明るく優しい家族や友人達、周囲の温かい協力もあり、これまでハッピーライフを送ってきました☆そしてこれからもその予定です。笑


2005年よりフランス、パリ在住。
もう気がつけば在仏8年目突入・・・


フランスでのほのぼの日常生活(ほのぼの過ぎてブログの更新は怪しいです)、私達が溺愛する我が家の猫の事、結婚生活,大好きなグルメな話題、趣味の旅行の思い出などをブログ日記に残していきます。

好きなこと/もの→ 自由・旅行・レストラン・スポーツ・お年寄りの昔話・ケーキ・読書・余所の文化を知ること・料理・猫・エステ・仕事・早寝早起き・家族/友達・・・ 書ききれませんね。


☆コメント大歓迎です☆
☆拍手も大歓迎です☆
☆ブロとも募集中です☆

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。